誰もが一年中快適な住まいで暮らしたいと願っていますが、夏の暑さや冬の寒さ、騒音や臭いなど、私たちはさまざまな不安を抱えながら生活しています。
ガイナは独自の新技術により、夏の暑さや冬の寒さに対応するだけでなく、騒音や臭いにも対応することができます。
ガイナは、夏でも冬でも、昼でも夜でも、住まいの不満を解消し、快適な住環境を実現します。

室内空気温度がいくら高くなっても、壁・天井の温度が低ければ、熱は壁・天井から逃げます。
ガイナを施工すると、室内空気温度とガイナ表面温度が適応することにより、熱の移動を最小限に抑えます。

ガイナの球体セラミックによって、太陽光に含まれる赤外線が、球体のプリズム効果により、反射と屈折を繰り返し、屋内に侵入するエネルギー量を減少させていきます。
また、ガイナ表面温度が周辺の温度に適応し、熱の移動を最小限に抑えます。

ガイナの塗膜は、硬いセラミックの中に空気を含んだ球体の多層で構成されています。
音は、セラミックで反射し、空気で吸収を繰り返す構造になっています。
さらに、塗膜内で多層となったセラミックの効果により、塗膜内部に侵入してきた音も、その振動を軽減することで音を小さくします。

一般的に空気中を浮遊しているホコリ、チリ、花粉などの汚濁物質は、プラスの電気を帯びることで浮遊しています。
また、これらの汚濁物質は、室内の壁や天井に静電付着します。
ガイナは帯電性0.0の性質を持っており、汚濁物質が付着しにくく、さらにイオン化した水分が、浮遊している汚濁物質と結合し、汚濁物質を浮遊しにくくします。

ガイナはさまざまな効果を発揮します。
結露の原因となる熱の移動を少なくすることで、結露の発生を抑える「防露」効果。
紫外線に対してもっとも強いセラミックを多層化しているため、建物を長寿命化する「耐久」。
水生であるガイナは有機溶剤などの危険物を使用していない「安全」、国土交通省から認定を受けている「不燃」など、様々な効果が期待できます。


ページトップへ ↑